MENU

『Be Do Have の法則』って何?

まこ

こんにちは!
まこ です。

突然ですが、質問です。

あなたには『叶えたい夢』がありますか?

「ある」と答える人が、ほとんどですよね?


では、次の質問!

【夢の叶え方】を学んだことは
ありますか?

「ない」と答えた あなた!

ぜひ、この記事を最後まで読んで
その夢を叶えてください。


この記事では、成功した人が全員やっている
『 Be Do Have の法則 』をお伝えします。

これをせずに成功はない、と言っても
過言ではありません。


しかし、逆を考えれば

この考えを知り、行動すれば
得たいものを手に入れられます。

叶えたい夢が叶います。

ぜひ参考にして下さい。

目次

Be Do Have の法則って何?

結論から言うと、

「何をするのか」よりも先に
『どうなりたいか』を考える。

という法則です。

① Be → ~になりたい(理想)
② Do → 行動する
③ Have → 手に入れる(結果)
の順番で考えます。


例えば、

「お金が欲しい」  
「恋人がほしい」
「もっと痩せたい」

などの欲が、あったとします。

これらを叶えるために
何をしますか?
 
「お金が欲しい」→ 残業を増やす
「恋人がほしい」→ 合コンへ行く
「もっと痩せたい」→ ダイエットする

このように動きますよね?

しかし、これでは

『Have (結果)』のために
②『Do(行動する)』
になってしまい、

この法則で最も大切な
【Be(理想)】がありません。

お金を得て、どうなりたいですか?
痩せて、どうなりたいですか?


例えば、痩せたい目的が『モテたい』なら
これを法則に当てはめると

「モテたい」→「ダイエット」→「モテる」
① (Be)理想  ② (Do)行動  ③ (Have)結果

 
の順番に考えていきます。


① 痩せた後に何がしたいか。
  モテたいのか…オシャレな服が着たいのか…

② どんな行動をするのか
  ジョギングするのか…エステに行くのか…

③ ①を考えて、 ②の行動をすると
③の結果につながります。


大切なのは【Be(理想)】を明確にしておくこと。

そうすることで 、自然と【Have(結果)】を
手に入れることが出来ます。

もしも「Have Do Be」なら?

ついつい、使ってしまいがちなのが
この「Have Do Be」です。

これは、
『理想を手に入れるには、必要なものを
手に入れて行動していこう』という事。

① Have ⇒ 必要なお金を手に入れたら
② Do ⇒ 好きな趣味で            
③ Be ⇒ 楽しく生きていこう

これだと、『自分以外の環境や条件』に
振り回されてしまいます。

・お金がないから…
・時間がないから…
・人間関係が…

他のせいにしているうちは
願いは叶いません。

夢を叶えられるのは自分だけです。

もしも「Do Have Be」なら?

これは、『理想を手に入れるには、
まず行動して、必要なものを手に入れよう』
という事。

① Do ⇒ どんどん仕事して 
② Have ⇒ お金が増えたら
③ Be ⇒ 自由に生きていこう

という感じです。


これは、行動してお金が手に入れば
『満足感』は得られます。

しかし、必死に行動しても
必要なのもが手に入らない場合…

・もっと残業しなきゃ…
・まだまだ足りないな…
・こんなに頑張ってるのに…

「不安」や「不満」
感じてしまいます。

どれだけ頑張っても
【Be(手に入れたい理想)】が決まっていないため、

どこまで頑張ればいいのか、
自分のゴールがどこなのか、

自分でも分からなく、なってしまいます。

子育てにも使える

この法則は、日常でも使うことが出来ます。


なかなか勉強をしてくれない子どもに

ついつい言っていませんか?

『テストで良い点を取れたら
ゲーム買ってあげる。だから勉強して!』

この時、親の考えは
① (Have) いい点とるなら
② (Do) ゲーム買うから
③ (Be) 勉強するだろう


Have Do Be の順番になっています。


これを
Be Do Have に当てはめると。

① (Be) 勉強が好きになれば
② (Do) 自分から勉強をして
③ (Have) 良い点が取れるようになる

となります。

本来、一番欲しいもの、手に入れたい理想、
【Beの勉強を好きになる】から考えます。


勉強が嫌いだった私もよく言われていました。

『いい点とれたら欲しい服を買ってあげる』

服は欲しい!
だから勉強を頑張りました。

まさに ”人参をぶら下げられた馬” 状態です。

でも、
自分でアルバイトをするようになると…

親に人参をぶら下げてもらわなくても
自分のお金で買えるようになりました。

そうなった私は……

”人参は自分で買うから、走るのやめるわ”
となってしまい、

すぐに勉強が続かなくなってしまいました。

目指すゴールを決める

【Be(理想)】が何なのか。
【目指すゴール】はどこなのか。

・どれくらいのお金が欲しいのか
・何㎏くらい痩せたいのか

「こんな世界で生きていきたいな」
というゴールを決めないと、

ずっと【Have】に辿り着けません。


ゴールが分からないマラソンと同じ。

いつまで走ってもゴールがどこか分からない。
そんな状態でも走り続けられますか?

私は無理です!!

きっと、走るのが嫌になるし

もしかしたら、
途中で走るのをやめてしまうかもしれない。


「変わりたいな」だけで何となく
行動をしていても

いつの間にか、元の環境に
戻ってしまいます。

最後に

この法則の凄いところは
どんな願いにも当てはまるところ。

『成功するから、幸せになる』ではなく
『幸せになれば、成功する』

というのが、この法則です。

叶えたい夢があるなら、
手に入れたいモノがあるなら、

ぜひ『なりたい自分』をしっかりと
想像するところから始めてみてください。


≪追記≫

私が学んできた、

「ビジネスの基礎」や
「集客の大切さ」を

公式ラインで配信しています。

少しでも、お役に立てたら
嬉しく思います。

公式ラインはこちら
↓ ↓ ↓

個人でのやり取りも出来ます。
お会いできるのを楽しみにしています。

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる