MENU

副業の必要性

まこ

こんにちは!
まこ です。

今回は、最近よく耳にするようになった
【副業】についてです。

今では【複業】と書かれているのも
よく見かけるようになりました。

ほんの数十年前まで、
副業禁止!会社一筋で働く!

というのが当たり前でしたが

今では多くの副業の本が出版されるほど
馴染みの言葉になってきました。


今では副業を推進する会社も
珍しくありません。

・もう少しお小遣いがあれば…
・本気で稼いで脱サラしよう!
・興味はあるけど今は考えてないな…

色んな考えの人がいると思います。


私は 何となく副業を始め
そのあとに、副業の本などで
情報を集めました。

感じたことは
”副業を始めておいて良かった”

これだけです。

もし副業を知らなかったら…

・何十年も必死に働き
・常にお金の不安

そんな悩みが出てくるかもしれません。

現状に少しでも不安を感じている人は
ぜひ、最後まで読んでください。

目次

今すぐ知ってほしい

最近では、副業OKという会社を
聞くようになりました。

しかし、
まだまだNGという会社も
少なくありません。

もしも自分の勤めている会社が
副業OKになったら…

・会社に縛られず副業できる
・お小遣いを増やせるかも

そう喜びますか?


副業禁止が当たり前だった社会が
急に副業を取り入れ始めた。

本を読んで、私が感じたのは
「会社の給料だけでは足りない」

という考えがあること。


表向きは
・優秀な人材の獲得や離職の防止
・従業員のスキルアップ

とされていますが、

今では国も
副業を推進しています。


「これからは国を頼らないで
自分自身で稼ぐ力を身に付けて

と、言われているようで
私は不安になりました。


誰もが知っている、トヨタ自動車。

【トヨタが変われば日本が変わる】

と言われるほど、トヨタ自動車の姿勢は
他社に影響を与えています。

その、トヨタ自動車の社長は
『終身雇用の維持は難しい』
と発言し、

中途採用の割合を5割にする方針を
固めました。


2020年に早期.希望退職を募集した上場企業は
93社。

リーマンショック時のリストラに次ぐ
水準です。

将来への不安

2020年に流行りだした
コロナウイルス。

バスガイドとして観光業で働いてた私は
一瞬で仕事がゼロになりました。

いくつか掛け持ちしていた仕事は
全てアルバイト。

もちろん無収入になっても
何の保証もありません。


もしも、夫の会社が潰れたら?

我が家は終わりです。

幼い我が子には
まだまだこれからお金がかかる。

今は老後の必要資金が
夫婦で 2500万円といわれる時代。

お金は有り余っているから
何の心配もいりません。

でも、そんな人は
なかなかいませんよね?

少なくとも
私も周りには一人もいません。


だから、今のまだ余裕があるうちに
少しでも行動しないといけない。

副業って
お小遣い増やしたい人が
やるのではなくて

金銭的に将来、困りたくない人は
今からやり始めないといけない。

と感じました。

自分から動く

今のまま、
社会の流れに流されていると…

この先も、ずっと
今の生活が続くだけです。

・毎日、嫌々 仕事に向かい
・毎月 通帳とにらめっこしながら
・死ぬまで働く

推測できるのは
こんな生活ではありませんか?


このまま待っていても…

急に世の中の景気が良くなるなんて
考えられません。

誰かが、あなたの未来を
変えてくれますか?

自分で動くしかないんです。

『会社員のうち9割近くが副業した方がいい』
と考えているという、統計も出ています。


国民年金が創立されたのは、1960年
当時の平均寿命は
  ・男性 65歳前後
  ・女性 70歳前後

それが、2020年には
  ・男性 81歳前後
  ・女性 87歳前後
になりました。

昔なら、定年後5~10年の生活が
貯金や年金で生活するできればいい。

今は、定年後20~25年
生活しなくてはいけません。

今の生活を維持しつつ
老後の生活費を確保できますか?

ハッキリ言って
我が家は無理です。

まだまだ幼い子どもには
これから、どんどんお金がかかります。

今の生活で必死。
自分たちの老後の資金なんて

貯めれないのが現実です。

そうなると、
老後も働き続けるしかありません。

最後に

2021年
私は動く事を決めました。

私の本業はバスガイドです。

毎回 16時間拘束で、
1万歩以上、歩くのが当たり前。

仕事は好きですが体力は必須。
60歳の定年まで、

今と同じように働ける保証なんて
どこにもありません。


お金に不安が出てきても

資格も免許も無い私は
求人に応募すらできないかもしれない。

仕事が見つかったとしても
今のままの健康があるかもわかりません。


数万円を稼ぐのも簡単ではありません。

”今”の余裕があるうちから
始めておかないと

いざ、お金が無くなってから動いても
すぐに収入を得られる保証もありません。


私は本業が好きです。

私は副業を始めた今も
本業をやめるつもりはありません。

本業+副業
をしていくことを決めました。


誰もが副業をすればいいとは
思いません。

『今の生活で老後の心配がない人』
に副業は必要ありません。

しかし、この記事を読んで
気持ちが揺いだなら

動いてみませんか?


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる