MENU

行動力を上げる【○○ルール】とは?

まこ

こんにちは!
まこ です。

早速ですが、

『行動力が上がれば
○○できるのにな…』

と、思ったことは
ありませんか?


仕事を終えて
疲れて帰宅…

『5分だけ…』
と思いながらソファに座り

気付いたら 30分のうたた寝…

恥ずかしながら、過去の私には
身に覚えのある事ばかり


今回お伝えする
「○○ルール」を使うと

無駄な時間を減らし

自分の時間を
増やすことができます。

ぜひ
最後まで読んでください。

目次

やりたいのに動けない

ビジネスだけでなく

ダイエットや日記
整理整頓…

今すぐやらなくても
困らないことって

後回しにしがちですよね。


これからお伝えするルールを使うは

脳科学に基づいた方法で
効果はバツグン!!

私自身もこのルールを使うと

簡単に動けるようになりました。

行動力が上がるので

目標や夢にも
爆速で近づくことができます。


自分で時間を
コントロールできるので

何より大きいのは

自分の人生を
自分で作ることができるんです。

反対に実践しなければ…

今と変わらない毎日を
ダラダラ過ごして

無駄な時間の多い人生に
なってしまいます。

少しの休憩のつもりが

気付いたら2時間の昼寝。

子どもが帰宅し
鍵を開ける音で目が覚める


そんな毎日から
抜け出せません。

【○○ルール】で行動力アップ

では、

そんな魔法のような裏技とは?

先に答えを言うと

「5秒以内に行動する」

たったこれだけです。

これはアメリカの
メル・ロビンス氏が提唱する

「5秒ルール(5秒の法則)」


例えば

布団から出ないと
遅刻してしまう…

そんな時は
「5・4・3・2・1・スタート!」


その時に行動できなければ
どうなるか?

恐ろしい結果が待っています。

人間の脳は5秒以上考えると

行動しないことを
正当化してしまいます。

「まぁ、いいか!」
「またあとで…」


こうなってしまうの…
心当たりありますよね。

その結果
行動することに対して

ネガティブな考えしか
出てこなくなります。

これは「爬虫類脳」という

原始的な脳の仕組みに
関係があります。


人間には恒常性
(ホメオスタシス)

というものがあり、

本能的に現状維持しようと
してしまいます。

そのため、
新しい挑戦をするとき

5秒以上考えて
迷ってしまうと

非常にリスクがあります。


反対に

5秒以内に行動できれば

脳が「やらない言い訳」
を探す前に動けるので

行動に移しやすくなります。


一度、動きさえすれば

他のことも出来てしまいます。

例えば、食事後
5秒以内に立ち

そのままビジネスに取り組め、

自分の思うように
時間を使うことができます。

さらに行動力を上げるには?

今回は【5秒ルール】を
お伝えしましたが

まずは、
やってみることが大切。

走るときのように
初めが一番エネルギーを使います。

しかし5秒を越えると

さらなるエネルギーが
必要になります。

かなり しんどいです。


行動ができないと

「自分はやっぱりダメなんだ」

と後悔を繰り返す。

そして、この悩みは
自分ができるようになるまで

繰り返してしまいます。

結局は、
行動しない方が辛くなります。

これは
勉強やビジネスも同じ。

大切なのは
他の人よりも行動できるか

という事です。

どう行動すればいいか
分からない場合は

分かる人に相談するのが
一番早いです。


私には合わないなと感じたら
辞めればいいだけです。


辞めるのにエネルギーは
必要ありません。

いくら効率のいい方法を
お伝えしても

実際に動けるのは
ほんの一部の人です。


100人に1人
いるかどうかです。

もちろんのことですが

行動しなければ
人生は変わりません。

結局は
いつのと同じ生活を続け

あの時
行動していれば…

と後悔してしまうかも
しれません。


そうならないためにも

読んだらすぐに
動してみてください。

即行動に移せば
結果も伴い

理想の未来に
近づくことができます。


最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

《追記》

今まで私が学んできた、

「ビジネスの基礎」や
「集客の大切さ」を

公式ラインで配信しています。

少しでも、お役に立てたら
嬉しく思います。

公式ラインは こちら
↓ ↓ ↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる